TOP メニュー
【2021/3/28】
新サービス「もう遅いタイトルジェネレーター」が公開されました!
TOP / 作品詳細
月間ランキング
TOP500ランキング外 (最終解析時刻:2022/07/03 00:12:36)
タイトル
トカゲ(本当は神竜)を召喚したら無能テイマー認定されて国外追放になったので、竜の背中に建国して開拓セカンドライフ始めます
概要
 貧乏貴族家の長男レヴィンは《聖獣使い》である。

 しかし、儀式でトカゲの卵を召喚したことから、レヴィンは国王の怒りを買い、執拗な暴力の末に国外に追放されてしまうのであった。
 おまけに幼馴染みのアリアと公爵家長子アーガスの婚姻が発表されたことで、レヴィンは全てを失ってしまうのであった。

 国を追われ森を彷徨うレヴィンであったが、そこで自分が授かったトカゲがただのトカゲでなく、伝説の神竜族の姫であることを知る。
 エルフィと名付けられた神竜の子は、あっという間に成長し、レヴィンを巨大な竜の眠る遺跡へと導いた。

 その竜は背中に都市を乗せた、空飛ぶ竜大陸とも言うべき存在であった。
 エルフィは、レヴィンに都市を復興させて一緒に住もうと提案する。
 幼馴染みも目的も故郷も失ったレヴィンはそれを了承し、竜の背中に移住することを決意した。

 そんな未知の大陸での開拓を手伝うのは、レヴィンが契約した《聖獣》、そして、ブラック国家やギルドに使い潰されたり、追放されたりしたチート持ちであった。

 レヴィンは彼らに衣食住を与えたり、スキルのデメリットを解決するための聖獣をパートナーに付けたりしながら、竜大陸への移住を提案していく。

 やがて、レヴィンが空中に築いた国家は手が付けられないほどに繁栄し、周辺国家の注目を集めていく。

 一方、仲間達は、レヴィンに人生を変えられたことから、何故か彼をママと崇められるようになるのであった。
抽出された「特徴的なワード」

※各ワードの数値は「月間TOP500位以内の作品」で用いられている回数です。

トカゲ 0 神竜 0 召喚 17 無能 12 テイマー 2 国外追放 2 開拓 2 セカンドライフ 2 貧乏 12 貴族 55 獣使い 1 おまけ 9 幼馴染み 5 公爵家 32 婚姻 5 伝説 4 ブラック 2 ギルド 8 チート 19 スキル 45 人生 56

抽出されたワード数: 21件
解析対象文字数: 683文字
100文字当たりの抽出ワード数: 0.00件
似た「特徴的なワード」を持つ他作品でよく用いられているワード
令嬢 150
(score: 381.17pt)
異世界 75
(score: 324.37pt)
婚約者 122
(score: 267.88pt)
転生 80
(score: 196.49pt)
聖女 52
(score: 180.21pt)
魔法 68
(score: 170.53pt)
王国 36
(score: 160.36pt)
悪役令嬢 43
(score: 153.14pt)
職場 6
(score: 125pt)
王子 79
(score: 118.28pt)
魔術 14
(score: 117.72pt)
最強 50
(score: 110.82pt)
王太子 43
(score: 105.35pt)
前世 51
(score: 96.24pt)
勇者 23
(score: 95.65pt)
溺愛 36
(score: 89.78pt)
伯爵 33
(score: 80.51pt)
家族 32
(score: 73.18pt)
冒険者 16
(score: 67.47pt)
16
(score: 67.15pt)
ダンジョン 25
(score: 64.02pt)
生まれ変わる 23
(score: 63.39pt)
少女 40
(score: 59.47pt)
侯爵 47
(score: 59.36pt)
ファンタジー 18
(score: 58.75pt)
スローライフ 15
(score: 56.34pt)
イケメン 17
(score: 56.25pt)
ヒロイン 29
(score: 55.44pt)
魔王 23
(score: 54.09pt)
婚約破棄 84
(score: 51.34pt)
「特徴的なワード」の割合
作者により設定されているキーワード
R15 残酷な描写あり 日常 ほのぼの 男主人公 西洋 中世 チート 聖獣テイマー スローライフ 開拓 ざまぁ 主人公最強 成り上がり 最強国家
作品のジャンル
ハイファンタジー〔ファンタジー〕
初回掲載日
2022-04-26 00:00:00
最終掲載日
2022-05-27 21:00:00
その他指標
ブックマーク数 : 2839件
感想数 : 0件
レビュー数 : 1件
会話率 : 44%
リンク
作品ページへ